• topアイキャッチ
  • topアイキャッチMRI
  • topアイキャッチ
  • topアイキャッチ
  • topアイキャッチ
  • topアイキャッチ50
  • topアイキャッチ002
  • topアイキャッチ003
  • topアイキャッチ
  • topアイキャッチ004
  • topアイキャッチ005_1
  • topアイキャッチ
  • topアイキャッチ
  • topアイキャッチ
  • topアイキャッチ
前へ
次へ

心温かい 信頼の医療

良質・適切・安全な医療の提供をいたします

放射線科お知らせ

骨密度検査のご案内

当院では骨密度検査を随時承っております!

骨密度検査    骨密度検査
・東北中央病院ではDXA法を用いて測定を行っています。
・検査台に仰向けで寝ていただき、腰椎と大腿骨の2か所で計測を行います。
・検査時間は10分程で息止めの必要はありません。
・同年代や若い人の平均値と比較してどの程度の骨密度であるのか、骨粗鬆症に該当するのかどうかがわかります。

骨密度検査

検査予約
放射線科検査・画像診断予約   0120-970-189(フリーダイヤル)

内臓脂肪測定

内臓脂肪測定

内臓脂肪が気になる方へ・・・

内臓についた脂肪が体に、様々な悪影響を及ぼします。
ウエスト周囲(へそまわり)径が、女性では90cm以上、男性では85cm以上であれば、要注意です。
内臓脂肪が増えると、さまざまな病気が引き起こされ メタボリックシンドローム に!

メタボリックシンドロームとは

メタボリックシンドローム
内臓脂肪型肥満に加えて高脂血症、高血圧、高血糖の3項目のうち2つをみたした状態をメタボリックシンドローム、3項目の内1つをみたした状態のことをメタボリックシンドローム予備群と呼びます。

メタボリックシンドロームになると

動脈硬化が進み、心筋梗塞・狭心症・脳卒中(脳梗塞など)になる恐れがあります。
これらの生活習慣病は、一つ一つは軽度でも、それが合併していると、大きな病気を引き起こす可能性があります。メタボリックシンドロームの人は、糖尿病を発症するリスクは通常の7~9倍。心筋梗塞や脳卒中を発症するリスクは約3倍と言われています。
内臓脂肪蓄積予防がメタボリックシンドローム予防のカギです!

実際の検査はとても簡単

CT検査

CTで内臓脂肪面積を測定します。実際の撮影時間は、わずか数秒ほどで簡単です! おへその断面1枚のみ撮影し、内臓脂肪と皮下脂肪を計測します。

おなじ腹囲(86㎝)でも・・・

内臓脂肪型肥満

あなたのお腹は大丈夫ですか?

これまでの放射線科からのお知らせ