• topアイキャッチ
  • topアイキャッチMRI
  • topアイキャッチ
  • topアイキャッチ
  • topアイキャッチ
  • topアイキャッチ50
  • topアイキャッチ002
  • topアイキャッチ003
  • topアイキャッチ
  • topアイキャッチ004
  • topアイキャッチ005_1
  • topアイキャッチ
  • topアイキャッチ
  • topアイキャッチ
  • topアイキャッチ
前へ
次へ

心温かい 信頼の医療

良質・適切・安全な医療の提供をいたします

部門紹介・薬剤部

薬剤部長あいさつ

「心温かい 信頼の医療」を理念として、チーム医療の中で行うべき最善のことを考え、実行に移し、治りたいと思う力を一層引き出せるように、薬の専門家として医療の質の向上に努めております。
 薬物療法が安全に、適切に行われるためだけでなく、患者さんのQOLや安心の確保に努め、人に寄り添い、さらに必要とされる薬剤師となるため日々研鑽を積んでおります。
 「ジェネラリスト」から「スペシャリスト」へ、今以上に、無くてはならないきらりと輝ける薬剤師を目指し頑張っております。

概要

薬剤部は薬剤師12名、薬剤助手3名で構成されています。
業務内容について、外来、入院処方に対する調剤業務、注射薬調剤、薬剤管理指導及び病棟薬剤業務を含めた病棟業務、抗がん剤調製、製剤業務、DI等「薬あることに薬剤師ありき」で院内のあらゆるところに、そして薬剤師でなければできない仕事を粛々と行っています。そんな、薬剤部の業務について、ご紹介します。

調剤室

 院内処方で対応しています。適正な調剤を行うために、肝機能、腎機能等の10項目の検査値の推移を処方箋に記載し、調剤時に確認ができるようにしています。吸入薬など、適切に使用できないと治療効果が期待できない薬剤についても、実際にデモ器を使用し、説明を行います。また、お薬手帳を確認した際に、重複投与や、相互作用がないかも確認し、安心して治療に向き合っていただくようお手伝いをしています。

 

病棟業務

薬剤部  入院された患者さん全員を対象に服薬指導(薬剤管理指導)を行っています。新しく処方になった薬剤についての効果、副作用の説明は元より、インスリンや吸入薬等、使い方が治療に大きな影響を及ぼす薬剤などの、説明を行います。ハイリスク薬のモニタリングを面談時に行い、副作用の兆候が疑われた場合には、迅速に医師・看護師と連携し対応しています。患者さんが安心して、治療に臨んでいただけるよう、患者さん目線で対応しています。
 また、平成24年より病棟薬剤業務加算も算定し、入院患者さんの持参薬についても、重複は勿論、相互作用などポリファーマシー対策に取り組んでいます。
 整形外科領域ではPBPM(事前に作成・合意したプロトコールに基づき、薬剤師が薬学的知識・技能の活用により、積極的に薬物治療に参画すること)を多く取り入れた業務を行っています。薬剤師はチームに欠かせない一員として認識されています。
 当院は、1人の薬剤師が入院から退院まで担当します。患者さんには「私の薬剤師さん」と認識していただき、相談したいことがあると声をかけてくださいます。

 

注射薬センター

薬剤部  肝機能、腎機能等10項目の検査値も確認し、処方箋を監査し、施用毎の個人セットで準備します。安全管理の面から施用はバーコードによる認証システムを用いて行います。

無菌調整(抗がん剤調製、TPNの調整)

薬剤部  抗がん剤に関しては、登録されたレジメンに基づき、処方監査を行い、ダブルチェックで準備から調製まで行い、特化した安全管理を行っています。

医薬品情報室(DI室)

 当院医薬品に関する情報を収集・整理・蓄積し、必要時、医師を始めとするスタッフに情報提供を行っています。また、プレアボイド(※)についても、積極的に取り組んでおります。
 病棟薬剤業務の支援として、入院が決まった患者さんの薬剤情報を事前に持参薬報告として作成する業務も担当しております。それによって、治療上休薬が必要な薬剤など使用に注意を要する薬剤が確認され、入院時に持参薬を確認するにもスムーズに行え、その結果治療がスムーズに行うことができます。薬剤部が1チームであることを表す業務の一つです。

※副作用、相互作用、治療効果不十分などの患者様の不利益を回避できたり、早期に発見 したため大事に至らないようにすること。
薬物療法の安全を守ることができた事例や、経済的に貢献できた事例を「プレアボイド」と 称している。

~~日本病院薬剤師会HPより引用~~

チーム医療

薬剤部 栄養サポートチーム、褥瘡対策チームでは回診に同行し、チームの一員として、患者さんに寄り添った業務を行っております。薬の事で心配なことがあれば、いつでも声をかけてくださいます。

認定・専門薬剤師

日本病院薬剤師会 がん薬物療法認定薬剤師 1 名
日本薬剤師研修センター 認定実務実習指導薬剤師 3名
日本病院薬剤師会 病院薬学認定薬剤師 1 名
日本薬剤師研修センター認定薬剤師 2名
日本病院薬剤師会 認定指導薬剤師 1 名

資格取得奨励支援制度

当院は学術研究と学会発表を支援し、認定・専門薬剤師等の資格取得に必要な経費等を援助し資格取得の活動をサポートしています。

認定施設

薬学生実務実習受け入れ施設
プレアボイド報告施設
として、未来ある薬剤師を育むこと、医療になくてはならない薬剤師であるために、日々研鑽を積んでいます。

学生実務実習

 平成25 年度より、毎年、薬学部の実習生を受け入れ、認定実務実習指導薬剤師3 名を中心にカリキュラムを組み、薬剤部のスタッフ全員で指導しています。
 指導担当薬剤師に同行し、処方提案も含めて、薬物治療への理解を深めていきます。患者さんからいろいろなことを勉強させていただいています。実習の終わりには「頑張ってね」と声をかけていただけるくらいに成長していきます。また、病院ならではの他職種との関わる時間もしっかり確保しています。最終日前日には、実習で得た成果のプレゼンテーションを行います。

院内調剤について

当院では院内処方として病院でお薬をお渡しています。
院内処方には次のようなメリットがあります。
自己負担金額が少ない
院外の薬局に行く手間や時間が節約できる
カルテ確認が容易であるため、的確な服薬の説明を受けることができる

お薬について、何か心配な事がありましたら、いつでも声をかけてください。

>終わりに

 病院に来られた時に、退院された患者さんが、声をかけてくださいます。「顔の見える薬剤師」として覚えてもらえた証として、モチベーションアップ。認めていただいた誇りです。大きい病院ではありませんが、やりがいをもって頑張っています。
 見学はいつでもウェルカムです。ぜひ、お問い合わせください。

部門紹介