• topアイキャッチ
  • topアイキャッチMRI
  • topアイキャッチ
  • topアイキャッチ
  • topアイキャッチ
  • topアイキャッチ50
  • topアイキャッチ002
  • topアイキャッチ003
  • topアイキャッチ
  • topアイキャッチ004
  • topアイキャッチ005_1
  • topアイキャッチ
  • topアイキャッチ
  • topアイキャッチ
  • topアイキャッチ
前へ
次へ

心温かい 信頼の医療

良質・適切・安全な医療の提供をいたします

乳腺外来

pinkribbon

乳がんは現在女性で一番多いがんで、
30歳代から増え始め、40~50歳代でピークとなります。
乳がんにかかる人は年々増加傾向にあります。

乳房にしこりを感じる
乳頭から血性分泌物がでる
乳房の皮膚にくぼみや引きつれがある
健診で精密検査が必要と言われた

診療日 月曜日・金曜日
9:00~11:30
14:00~15:30
担当医  

齋藤善広(副院長)

 

・ 日本乳癌学会認定医、
乳腺超音波診断指導医、
マンモグラフィ読影医
・ 日本外科学会
指導医、専門医、認定医
・ 日本消化器外科学会
指導医、専門医、認定医

乳腺外来のお知らせ

 近年、日本では乳がんにかかる女性が急激に増加しており、現在女性がかかる癌では乳がんが第1位となっています。しかし、早期に発見して治療を受ければ多くの場合再発することなく 過ごすことができます。早期発見のためには、視触診に加え、マンモグラフィや超音波装置などの画像診断が重要です。
乳房に何らかの症状のある方、あるいは一度乳がん検診を 受けてみたいとお考えの方は、ぜひお気軽にお越し下さい。

30才を過ぎたら乳がん検診を受けましょう

乳がんは30才代から増えはじめ、40才代でピークとなります。特に比較的若い36才から60才までの年齢層のがんの死亡の中では乳がんが一番多く、また乳がんによる死亡者の半数もこの年代の人が占めています。 一般的に、がんとは症状が出るときには、進行がんになっていることが多いのですが、乳がんもほとんどの人は痛みが無く、単に硬いしこりで見つかることが多いのです。 乳がんの約90%は触診、マンモグラフィ、超音波検査で診断が可能です。
もし、心配なことがあれば、是非、専門病院で診察を受けて下さい。また、自覚症状が無くても30才からは自己検診と年一回の超音波検査を、40才を過ぎたら、マンモグラフィを含む定期的な検診をお勧めいたします。

当院ではすべての検査を一日で出来ます

 当院では最新の画像診断機器を揃えております。また、 撮影はマンモグラフィ撮影技能試験で評価Aを持つ女性放射線技師が行い、 読影はマンモグラフィ読影試験で評価A(二次読影資格)を持つ医師が行っております。
また、乳がんが疑われる場合、細胞や組織の検査やCT、MRI検査を迅速に行い早期診断に努めています。
ご心配なときには、是非、当院をご利用下さい。

左図:マンモグラフィ撮影装置とマンモグラフィ像  右図:超音波撮影装置と画像

画像

画像

左図:マルチスライスCT(16MDCT)とCT画像  右図:実際の3D画像

お申し込み先

〒990-8510 山形市和合町3-2-5

東北中央病院 外科外来 または地域医療連携室

TEL 023-623-5111

専門の先生に聞く

Dr齋藤 善広
 

乳がんの専門知識etc.

乳がんについて、本当に知っていますか?

東北中央病院 副院長 齋藤 善広